--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
2017/05/23

ゴルフでそこそこのスコアで回るための覚書

毎回、打ちっぱなしなどで、うまく打てない時など、に思い出すことをここに書いておきたいと思います

これは自分がラウンドするにおいて重要だと思っていること(よく忘れるが)です


1、グリップの力を抜く

これが一番重要だと思っています。本当にゆるゆるで十分だと思うし、ゆるゆるでないと逆にヘッドが走らず振り遅れの原因にもなってると思います


これやるだけで、本当にこれだけで、スコアアップする人多いと思います


しかし、これ、よく忘れるんです。

ラウンドで気づいた時には、遅かったりします(笑)

2、腕、から振る

これはゆるゆるグリップから通じるものですが。ゆっくりと上げた腕の力を抜くと無重力状態になります

そこからクラブの重さ感じてクラブを落とす感じで体の正面でインパクトを迎える

腕が振りぬかれる、その勢いで体が回る

こんなイメージです

力を入れて振ろうとすると、体から動いてしまって、そのあと腕が動いて振り遅れのスライスが出ます


3、ドライバーは200ヤード飛べばいい


200ヤード飛べばいいと思って打つと、力が抜けて、ヘッドが走り、芯を食らうと230ほど飛びます


力を入れてフルショットしても真っすぐ飛ぶ確率は10分の1ほどだと思います


ちーぴん、大スライスの嵐

これより、200ヤード飛んでくれたら、ボギーで上がれる可能性大、時にはパーもひらえます


4、アプローチは手で投げる感覚で


最近、アプローチの方法を変えました


ゴルフボールを投げてみる(実際には投げませんが)、その、腕の振りをそのままゆるゆるグリップで振りぬきます


いままで、ざっくり、トップの嵐だったのが、ミスショットがかなり少なくなりました


5、届くかどうかびにょうな距離は番手を上げる


番手を上げて1インチほど短く持って、軽く振ります


届くかどうかをフルショットで打ってもろくなことがありません


引っ掛けるかトップ

花道が見えてるところならそのままで届かなくてもokと思えばいいですが、ここは番手を上げてゆっくり打つのがベストだと思います

んまり色々と考えすぎると、よくないので


テーショットはゆるゆるで200


セカンドはゆるゆるで体の正面で


アプローチはゆるゆるで手で投げる感覚


と、こんな感じで打ってます











スポンサーサイト
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。